Hamarita(ハマーリタ)とは

有田焼を焼く時に、窯の中で焼物の下に敷く皿のことを「ハマ」と呼びます。

ハマは決して主役ではありませんが、どんな焼物を焼くのにも必要な道具。400年の歴史を誇る有田焼を影で支えてきた存在なのです。

このハマは、役目を終えると廃棄されるので、川底に沈んでいたり、レンガや古くなった窯道具を練って作られたトンバイ塀の中など、町のいたるところで目にすることができます。小学生が、川岸にあるハマで水切りをして遊ぶのが、町ではごく日常の光景だったとか。

有田の町には、輝かしい有田焼の裏側に、人知れず語りつがれてきた物語や風景があります。有田焼創業400年を迎える2016年、HAMARITAでは、有田のことがもっと好きになる、有田にハマるトピック400本を発信していきます。

12631223_1254124404604126_1732931503_o (1)

※このウェブサイトは、2016年1月23日、24日に開いた、有田のまちあるきを楽しくするアプリ開発ワークショップ(ハッカソン)で作りました。

制作に関わったメンバー
有田町
福田貴央、福田奈菜、徳久武志、佐々木元康、藤山雷太、大塚隼輝
Code for Sagaメンバー+援軍
吉永繁史、堀良彰、山口郁準、遠田浩太、上田健次、田上加那、久保田優子、伊東竜馬、牛島清豪