内山にグリーンの建物、現る?

伝建地区に指定されているため景観の管理が厳しい内山地区に、明るいグリーンの屋根をした建物が建築中?!

実はこの建物、「異人館」といって、有田の豪商であった田代助作が1876年(明治9年)に陶磁器を買い付けに来た外国商人の宿泊・接待施設として建築した和洋折衷の建物なのです。
中にはらせん階段があり、当時としては画期的なデザインで、佐賀県の重要文化財に指定されています。

現在、建設当時の姿に修復工事中。
完成したらどんな姿になるのでしょうか?楽しみですね!

大きな地図を表示